ヘルシンキ

ヘルシンキ大聖堂
ヘルシンキクルーズディスカバリー
自然に囲まれたハルティア

北欧クルーズを検索する

ヘルシンキ

ヘルシンキの寄港地観光を予約してクルーズの計画を始めましょう

フィンランドの首都ヘルシンキは、MSC北欧クルーズの魅力的な目的地の一つです。このカリスマ的な首都は、エレガントな新古典主義のファサード歴史的な美術館緑豊かな並木道で有名です。


MSCクルーズの寄港地観光では、次のようなエキサイティングな場所を訪れます:


• ヘルシンキ大聖堂 

• ヘルシンキクルーズディスカバリー 

• 自然に囲まれたハルティア



ヘルシンキは「北の白い都市」と呼ばれ、淡い花崗岩で作られた美しく心地のよい豪華な建築で知られています。MSCクルーズの寄港地観光では、ヘルシンキ元老院広場とヘルシンキ大聖堂のある旧市街の中心部に出かけます。新古典主義のスタイルと十字架のような形をした屋上には、十二使徒の像があります。4つの小さなドームに囲まれた背の高い緑色のドームは、街のランドマーク的存在です。


ロマンチックなMSCクルーズの寄港地観光で、水上からヘルシンキをご鑑賞ください。 素晴らしい群島の美しい風景をゆったりと巡ります。ユネスコ世界遺産に登録されている18世紀に建造されたスオメンリンナ要塞を写真に収めることが出来ます。見事な自然の風景に囲まれたヴィラを眺める前に、無料のスパークリングワイン、またはおいしいコーヒーを味わいながら、ガイドによる景色の説明をお楽しみください。


MSCクルーズの寄港地観光で、展示会やイベント施設である自然に囲まれたハルティアを訪れましょう。ソーラーパワーと地熱エネルギーを使用して加熱および冷却が行われているこの施設には、見事なインタラクティブ・ディスプレイが設置されています。再現された南の群島、フィンランドの40の国立公園、雪に覆われたラップランド丘をお楽しみください。

Must see places in Helsinki

寄港地観光

    フィンランド

    独特の文化を持つ神秘の国
    独特の文化を持つ神秘の国

    東はロシア、西は西欧と国境を分かつフィンランドは、これら2つの地域から強い文化的影響を受ける、北欧で最も神秘に包まれた国です。

    フィンランドの人々は、口数が少なくストレートな性質で知られています。天然サウナと毎年恒例の一風変わったお祭りをこよなく愛する、ちょっと変わった人々もこの国の魅力のひとつです。 フィンランドの国土は、全体的に平坦で所々に広大な森林がアクセントを添え、地方により異なる表情を見せてくれます。 フィンランドクルーズでは、フィンランドの南部を訪れます。ドラマティックな風景に出会うことはないかもしれませんが、首都ヘルシンキの見事な世紀末(フィン・デ・シエクレ)建築や素晴らしい後期モダニズムおよび近代美術作品のコレクションは、旅人の心を十分に満たしてくれます。そしてかつての首都トゥルクでも、見応えのある美術館や活気溢れるナイトライフを楽しめます。

    東部はロシアとの国境から工業都市タンペレまで、広大な湖水地方が広がり、豊かな湖水資源を利用した自然の水路がこの土地の林業を支えています。周りは水に囲まれた世界。多くの街は湖と湖に挟まれた狭い陸地に点在しています。 湖水地方から北上するにつれ、次第に勾配のある丘陵地とラップランドの森林が現れます。この地域はフィンランドで最も魅力溢れる土地で、トナカイの遊牧を行う半遊牧民サーミ人が住んでいます。