ブレスト

ルクヴランス橋
レザトリエ デ カプシン
プティ ミノウ灯台

北欧クルーズを検索する

ブレスト

太平洋岸の恥ずかしがり屋の王女さま

ブレストはフランスの西岸、ブルターニュ地方にある港の街です。MSCクルーズでは息もつけなくなるほど美しい自然の入江にある、魅力、歴史、そして文化に溢れる場所へご案内します。

ブレストには見所が沢山あります。その中の一つタンギータワーは古代から世界大戦の時代の歴史的な遺物を展示しています。もう一つの訪れるべき場所は、ブレスト城の中にある国立海事博物館で、本物の潜水艦が展示されています。
 
ブレストのツアーを始めるには、活気のある商業地区であるシアム通りに沿って歩くのがお勧めです。この道路は厳格に、1950年代のスタイルを維持しています。こことルクヴランス橋市庁舎の間には、複数階の住居ビルが真っ直ぐの軸に左右対称に立ち並んでいます。
 
ドックや軍事港が占拠するルクヴランス橋は、1954年に建築された垂直リフト橋です。長い間、ヨーロッパ最大のリフト橋でした。間違いなくMSCクルーズのブレスト訪問で見逃したくないスポットです。
ドックにあるもう一つの面白い場所は、レザトリエ デ カプシンで、海に面した数々の建物は、19世紀に建てられました。2009年、文化、商業センターに改築されました。ブレスト港には、1848年に建てられた灯台ファーデュ プティ ミノウが同じ名前の砦の前に立っており、プルザネの石橋で本土と繋がっています。ポルスィック灯台と並んでプティ ミノウは、150年以上にわたってブレストと大西洋を結ぶ天然の海峡の、最も安全なルートに沿って船を導いてきました。

Discover excursions in Brest

    フランス

    大西洋のそよ風
    大西洋のそよ風

    独自のアイデンティティを大切に守り続けるフランスの典型的な2つの地方、ブルターニュとノルマンディは、旅人の好奇心をくすぐる個性豊かな地方です。


    MSCの北欧クルーズでは、この2つの地方のいずれか、または両方を訪れます。隠れ家的な白砂のビーチ、入り組んだ海岸線、頑丈な中世の城塞、神秘的な巨石遺構、優美なゴシック様式の大聖堂、息をのむほど美しい近代的な建築、そして野生の花々に彩られたヒースランド(荒野)、奥深い古代の森など、フランスの魅力が凝縮されています。 何よりも、海岸線に点在する無数の港で水揚げされる新鮮なシーフードやノルマンディ地方特産の刺激的な味わいのチーズなどを使った多種多彩な料理は、見逃せない逸品です。

    ノルマンディクルーズでは、 ルエンディエップシェルブールルアーブルなど、重要な大港湾都市を訪れます。 内陸部では、どこまでも広がる肥沃な牧草地帯の穏やかな風景に出会えます。この地方の人気観光スポットは、主にペイドージュやノルマンディ・スイスのレストランです。 ノルマンディの観光は、ブルターニュほどアクティブなものではありませんが、その海岸線には美しいビーチが結構あります。自然の造形美を楽しめる断崖に囲まれたエトルタからコタンタン半島の西海岸沿岸には雄大な砂地が広がります。