ル・ヴェルドン・シュル・メール

プラース・ドゥ・ラ・ブース
ペイ・ベルランの塔
サン・ピエール地区

MSC北欧クルーズを検索

ル・ヴェルドン・シュル・メール

ボルドーへの入り口

メドック半島の北端、アキテーヌ地域圏にあるル・ヴェルドン・シュル・メールの小さな村は、その名前が示す通り海の上にあり、より正確に言えば大西洋に面しています。
 小さな道路、独特のフランス風の家屋、その素晴らしい匂いで店に呼び込もうとする小さなレストラン、激しい海の波が陸地と出会う
広々としたビーチ
。この魅力的な町がMSCクルーズの寄港地です。この地域の魅力を見つけるための散策は、ボルドーに向かうMSC寄港地観光のスタートとしては最適でしょう。

この街は2007年からユネスコ世界遺産に登録されており、ジロンド県の首都かつ有名なワインで世界中に知られています。歴史的建物の大規模な改装および現代建築の建造を経て、ボルドーは過去、現在、未来が魅力的に混じり合うこの上ない一例となりました。この寄港地観光は単なる「お勧め」以上の価値があります。

皆様もきっとこの街が気に入るはずです。街を流れるジロンド川のボートの旅、18世紀に作られた広場、プラース・ドゥ・ラ・ブルースには「水の鏡」と水の噴水を交互に繰り返す、
Miroir d ’eau
(水鏡)という仕掛け、そして、フランス人が文化的遺産と考えるワインの街を一目見てみましょう。見逃せないのは花咲き誇り、素晴らしい植物が揃ったジャルダン・ピュブリーク、荘厳なゴシック建築のペイ・ベルランの塔、そして古い中世の街並みを残すサン・ピエール地区は、当時の工芸や貿易を思い起こさせる名前を持つ活気のある小道が迷路のように交錯しています。

Must see places in Le Verdon sur Mer

Discover our excursions

    フランス

    大西洋のそよ風
    大西洋のそよ風

    独自のアイデンティティを大切に守り続けるフランスの典型的な2つの地方、ブルターニュとノルマンディは、旅人の好奇心をくすぐる個性豊かな地方です。


    MSCの北欧クルーズでは、この2つの地方のいずれか、または両方を訪れます。隠れ家的な白砂のビーチ、入り組んだ海岸線、頑丈な中世の城塞、神秘的な巨石遺構、優美なゴシック様式の大聖堂、息をのむほど美しい近代的な建築、そして野生の花々に彩られたヒースランド(荒野)、奥深い古代の森など、フランスの魅力が凝縮されています。 何よりも、海岸線に点在する無数の港で水揚げされる新鮮なシーフードやノルマンディ地方特産の刺激的な味わいのチーズなどを使った多種多彩な料理は、見逃せない逸品です。

    ノルマンディクルーズでは、 ルエンディエップシェルブールルアーブルなど、重要な大港湾都市を訪れます。 内陸部では、どこまでも広がる肥沃な牧草地帯の穏やかな風景に出会えます。この地方の人気観光スポットは、主にペイドージュやノルマンディ・スイスのレストランです。 ノルマンディの観光は、ブルターニュほどアクティブなものではありませんが、その海岸線には美しいビーチが結構あります。自然の造形美を楽しめる断崖に囲まれたエトルタからコタンタン半島の西海岸沿岸には雄大な砂地が広がります。