ヌーク

救世主教会

カトゥアック文化センター 

Qornok

MSC 北欧クルーズを検索

ヌーク

世界最北端の首都

雪を頂く山々の中に点在する小さくカラフルな屋根の家々。最初に定住したバイキングの後からイヌイットとデンマーク人がやってきた世界最北端の「首都」ヌークがMSCクルーズの驚き溢れる目的地です。

グリーンランドの主要都市であるヌークは1728年ゴットホープ(希望)の名で建設されました。自然のままの手つかずの自然に囲まれ、魅力的で美しいQornokなど、見逃せない場所がいくつもあります。小さな半島の南端にこの古い村はあります。フィヨルド沿いを歩きながら眺める氷山や、住民はいなくても宿泊することができる家はきっと忘れられない思い出になることでしょう。車の往来もインターネットもない辺境の地では、目を見張る自然の風景の中で心ゆくまでリラックスすることができます。
小さいながらも活気にあふれるヌークの街には素晴らしい風景の他にも、歴史的文化的重要建物がいくつかあります。救世主教会とも呼ばれるヌーク大聖堂は、一際目立つ明るい赤色と尖塔ですぐにそれとわかります。
1848年から1849年かけて建設された教会には、グリーンランド司教が執務しています。ヌークのカトゥアック文化センターも忘れずに訪れましょう。1997年に落成した建物は内も外もカラマツの木で覆われ、コンサート、展覧会、カンファレンス、映画上映に利用されています。波打つ壁は、オーロラをモチーフにデザインされました。独特なデザインの建築物の宝石は、MSC クルーズで訪れる氷河の島グリーンランドの旅の締めくくりにふさわしいものです。

Discover excursions in Nuuk

    グリーンランド

    氷河とクジラ
    氷河とクジラ

    緑の大地というより、氷に覆われた不毛の地ですが、赤毛のエイリークがこの広大な島を「グリーンランド」と名付けたことには感謝しましょう。


    1,000年ほど前のこと、ノルマン人指導者の約束を信じ従った最初のヨーロッパ人として、アイスランド人の入植者たちがグリーンランドの沿岸部に定住を始めました。それから200年後に北米からやってきたイヌイットの人々は最初の定住者よりも厳しい気候にうまく適応することができました。


    18世紀に正式にデンマークの領土となりましたが、今日では自治政府が設けられています。MSCクルーズは、バフィン湾を臨む小さな村イルリサット、グリーンランド島の西岸に位置する人口20,000人の首都ヌーク。この街には美しい カトゥアック文化センターがあります。そして島の南端に位置する美しいTasersuaq湖に面するカコトックをご案内します。ホエールウォッチングや、海に張り出す氷山を間近に見る寄港地観光などもMSCクルーズ中にお楽しみいただけます。