カコトック

赤い壁の教会

Hvalsey教会の遺跡

カコトック博物館 

MSC 北欧クルーズを検索

カコトック

イヌイット文化の足跡

カコトックは、南グリーンランドで最も大きな街です。「白」を意味する名前の街は、夏なるとカラフルな野生の草花で 美しい風景埋め尽くされます。MSCクルーズは、山と深い紺碧の海、湾内に浮かぶ氷山の壮大な眺め、そして美しいタセルスァック湖に囲まれた街を訪れます。

1775年に作られたカコトックは、アザラシやオットセイの皮革製品、多くの探検隊の出発地、そして比較的穏やかな気候で知られています。この街にあるグリーンランド唯一の噴水の真鍮の台座には全住民の名が刻まれています。
街の興味深い歴史と文化を学ぶことができる博物館訪れてはいかがでしょうか。1804年にカコトック中央の広場の横に町の鍛冶屋の作業場として黄色い石を使って建てられた建物には、古いイヌイットの船、狩猟道具、伝統的な服や北欧の工芸品が展示され当時の様子がよくわかります。ドーセット文化、トゥーレ文化、ノース文化の常設展示は特に興味をそそられるものです。この建物そのものも、文化遺産として保護されています。
街の中心には一際目を引く赤い壁と白いよろい戸のAnnaasisitta Oqaluffia(Church of Our Saviour教会)が建ち、カコトックからほど近いHvalsey教会跡地もよく保存されており、ぜひ訪れておきたい場所のひとつです。フィヨルドの先の70メートルの高さの細長い土地に位置するグリーンランドのノース人の農園跡にHvalseyは残っています。MSCクルーズが皆様をお連れする、澄んだ空気の美しい高原で自然の美しさをたっぷりと味わってください。

Discover excursions in Qaqortoq

    グリーンランド

    氷河とクジラ
    氷河とクジラ

    緑の大地というより、氷に覆われた不毛の地ですが、赤毛のエイリークがこの広大な島を「グリーンランド」と名付けたことには感謝しましょう。


    1,000年ほど前のこと、ノルマン人指導者の約束を信じ従った最初のヨーロッパ人として、アイスランド人の入植者たちがグリーンランドの沿岸部に定住を始めました。それから200年後に北米からやってきたイヌイットの人々は最初の定住者よりも厳しい気候にうまく適応することができました。


    18世紀に正式にデンマークの領土となりましたが、今日では自治政府が設けられています。MSCクルーズは、バフィン湾を臨む小さな村イルリサット、グリーンランド島の西岸に位置する人口20,000人の首都ヌーク。この街には美しい カトゥアック文化センターがあります。そして島の南端に位置する美しいTasersuaq湖に面するカコトックをご案内します。ホエールウォッチングや、海に張り出す氷山を間近に見る寄港地観光などもMSCクルーズ中にお楽しみいただけます。