ベルファスト

街の中心地、ドネガル広場
クイーンズ大学とアルスター博物館
ジャイアンツ コーズウェイ

MSC 北欧クルーズを検索

ベルファスト

タイタニック号が作られた場所

MSC 北欧クルーズ 寄港地観光でお楽しみいただける ベルファスト では、北アイルランドの他の地域にはないペースと活気を感じていただけます。
 
ベルファスト は、一見海の向こうにあるリバプール、グラスゴー、その他の産業地域の港に非常によく似ており、あの有名な タイタニック号を建造したドックは、他の地域同様にその大半が機能していませんでしたが、 現在大規模な再開発が行われています。

街の中心地は、今でも多く残る 優雅なビクトリア朝時代の建物が特徴ですが、ここでも大きな変化が見られ、特に、ベルファストの生活の中心から北に向かう賑やかなショッピングストリートの ドガネル広場がそれにあたります。街の中心地では、例えば、壮大な建築物 と壮麗な ビクトリア朝のパブ など、産業革命の結果得た繁栄を目の当たりにするでしょう。この活気のある地域は、アン通りからドネガル通りまで、現在は カテドラル クォーターとして知られています。

南には、クイーンズ大学 と、植物園の一角にある アルスター博物館の膨大なコレクションがあります。王立協会が自然界の素晴らしい不思議の一つと最初に公にした1693年以来、ジャイアンツ コーズウェイ は有名な観光地であり、MSC 北欧クルーズの 寄港地観光で皆さまが訪れてくださるのを心待ちにしています。

それぞれが多角形の、およそ 37,000本の黒い玄武岩の柱でできているこの場所は、約6,000万年前 に起きた、コーズウェイからラスリン、そしてスコットランドのアイラ、スタファ、マルに及ぶ、巨大な地下爆発の結果できあがりました。

溶解した玄武岩の巨大な塊が、海面に吹き出し、ここで冷やされ凝固して、 本質的に 結晶 となったのです。そのプロセスはシンプルですが、この印象的な 柱の規則的な形状 を実際に目の前にすると、完全に自然が作り出したものであるとは信じがたいものがあります。

Must see places in Belfast

Discover our excursions - Book now and save up to 20%

    イギリス

    神よ女王を護りたまえ
    神よ女王を護りたまえ

    イギリス、つまり グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成される多文化、多民族国家です。 例えば、スコットランド人やウェールズ人をイングリッシュ(イングランド人)と呼ぶのはタブーです。


    真のロンドンを体験せずに、イギリス旅行は語れません。このイギリスの首都は誰もが必ず訪れる人気の寄港地です。 

    活気溢れるビーチリゾートのブライトン、そしてイギリスで最も美しい中世の街並みが残るカンタベリーなど、それぞれの街が個性豊かな表情を見せてくれます。 


    イングランドの南西部の見どころは、荒涼とした岩だらけのムーアランド(荒野)が広がるデヴォン州、岩だらけの海岸線が続くコーンウォール、歴史の薫り漂う温泉の街バース。イングランド中部では、大学の街、オックスフォードやケンブリッジが主な人気観光地です。 

    北上すると、かつての工業都市マンチェスターやリバプールニューキャッスルがあります。これらの都市は、現在では、街の活性化が進み活気を取り戻しています。ヨークは美しい中世の街並みが残る歴史の宝庫。大自然を満喫するなら、イングランド北西部に広がるイギリス屈指の景勝地、湖水地方を訪れましょう。 


    スコットランドの魅力は、渓谷や山頂、湖が織りなす自然美と西海岸に浮かぶ島々の雄大な風景グラスゴーエディンバライギリスで最も魅力的な街として知られています)から気軽にお出かけいただけます。 そして最後に、イギリスの旅のフィナーレを飾るのは、北アイルランド。首府ベルファストと壮大なジャイアンツ・コーズウェーを訪れます。