セント ピーター ポート

ガーンジーの首都
アルフレスコのカフェと美しいビーチ
免税でお買い物

北欧クルーズを検索

セント ピーター ポート

島の首都

MSC北欧クルーズで、ガーンジー島のセント ピーター ポートを訪れてみませんか。

チャネル諸島で最も大きなジャージー島ガーンジー島2つの島は、フランスからわずか16kmと50km、イングランドからは105kmに位置するイギリス王室属領の独立国です。MSCクルーズでは、チャネル諸島の島の首都、セント ピーター ポートへご案内します。

フランスの作家ヴィクトル・ユーゴーは、この港近くの小さな町で15年間の亡命生活を送っていました(1855〜70年)。作家が暮らした家「オートヴィル・ハウス」は、相続人とパリ市により 博物館へと改装され、美しくエレガントな白い建物と見事な庭には、彼の知の遺産が数多く残されています。

MSC北欧クルーズは、ガーンジー島でコーネット城を訪れます。この要塞は遅くとも13世紀からセント ピーター ポートに錨を下ろす船を守り19世紀に再建されたものです。

お子様にも最適なコーネット城へのツアーでは、5つの博物館を訪れ、陸軍海軍の歴史などの展示を見ることができます。ガーンジーでのMSC 寄港地観光のもう一つの目的地はガーンジーダイヤモンド博物館です。宝石がお好きな方は、ガーンジー真珠ワークショップでお楽しみください。チャネル諸島のカラッとした気候を楽しむには、郊外の散歩がおすすめです。ガーンジー西岸のオーチャードフィールドを夏に訪れると、満開の花が目を楽しませてくれます。

Must see place in St Peter Port

Discover our excursions - Book now and save up to 20%

    イギリス

    神よ女王を護りたまえ
    神よ女王を護りたまえ

    イギリス、つまり グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成される多文化、多民族国家です。 例えば、スコットランド人やウェールズ人をイングリッシュ(イングランド人)と呼ぶのはタブーです。


    真のロンドンを体験せずに、イギリス旅行は語れません。このイギリスの首都は誰もが必ず訪れる人気の寄港地です。 

    活気溢れるビーチリゾートのブライトン、そしてイギリスで最も美しい中世の街並みが残るカンタベリーなど、それぞれの街が個性豊かな表情を見せてくれます。 


    イングランドの南西部の見どころは、荒涼とした岩だらけのムーアランド(荒野)が広がるデヴォン州、岩だらけの海岸線が続くコーンウォール、歴史の薫り漂う温泉の街バース。イングランド中部では、大学の街、オックスフォードやケンブリッジが主な人気観光地です。 

    北上すると、かつての工業都市マンチェスターやリバプールニューキャッスルがあります。これらの都市は、現在では、街の活性化が進み活気を取り戻しています。ヨークは美しい中世の街並みが残る歴史の宝庫。大自然を満喫するなら、イングランド北西部に広がるイギリス屈指の景勝地、湖水地方を訪れましょう。 


    スコットランドの魅力は、渓谷や山頂、湖が織りなす自然美と西海岸に浮かぶ島々の雄大な風景グラスゴーエディンバライギリスで最も魅力的な街として知られています)から気軽にお出かけいただけます。 そして最後に、イギリスの旅のフィナーレを飾るのは、北アイルランド。首府ベルファストと壮大なジャイアンツ・コーズウェーを訪れます。