スクナ

サンゴ礁と人気のビーチ
聖パウロ修道院と聖アントニオ修道院
乾燥した紅海の丘陵

クルーズ検索

スクナ

想像を超える宝石

スエズから南に55kmにあるスクナのビーチは現地の人々には知られていますが、国外には知られていません。町の名前ha

アタカ山の温泉(35°C)に由来します。


MSCクルーズで訪れるとサンゴ礁を指標する光の点を見ることができます。またMSCクルーズの寄港地観光では紅海の丘陵にあるミステリアスな2つの修道院を訪れることができます。聖パウロ修道院と聖アントニオ修道院は初期のキリスト教の修道院生活まで遡る歴史を持ち、16世紀に渡りほとんどその形を変えることがありませんでした。


落ち着いた雰囲気と印象的な場所を楽しむのに宗教を知る必要はありません。また近くではバードウォッチングも楽しめます。スクナから南に約30km行くと、ザファラーナの町があります。修道院の最寄りのこの町から西へ行くと広い谷がガララ高原を切り開き、168km先のナイルまで続きます。


ワディ アラバはかつて修道院に食料を届けた荷車に由来するとされていますが、別にイスラエル人を紅海に向かって追いかけたフォラオの戦車に由来するとも言われています。この道を33km進むと南に曲がります。そして麓に聖アンソニー修道院があるカラ山の壮大な尾根を望むことができます。


修道院は2階建ての住居、教会、製粉所、ブドウの木、オリーブ、ヤシの木の庭園からなり、内部に通路のある高い壁に囲まれた自給自足の村です。ただし、建物自体のほとんどは創設当時よりも新しく再建されています。

Qué ver en Sokhna

寄港地観光