Roberto Leotta(ロベルト・レオッタ)船長

船長

1984年にカターニャの船舶学校“Luigi Rizzo”を卒業後、ジェノバの石油タンカーにてキャリアをスタートさせました。1988年にはカーニバルクルーズラインに入社し、クルーズ客船のキャリアがここから始まり、2006年には船長に昇格しました。2015年から2017年まで、彼は全てのカーニバルクルーズライン客船を統括する名誉有るフリート・キャプテンを務めました。カーニバルでの30年に及ぶ活躍の後、MSCシンフォニアの船長として 2018年にMSCクルーズに入社しました。