衛生・安全対策

衛生・安全対策

MSCクルーズではゲストとクルーがすべてにおいての中心にいます。そしてゲストの健康と安全が最優先となります。

旅を思い立ってから家に帰るまで、すべての行程においてゲストが安全で、健康、そして安心してMSCクルーズを楽しんでもらうために常に気を付けています。


医薬、公衆衛生、それに関わる科学分野における専門家の集まる専門家のグループとの協力で新しい予防措置及び健康・衛生基準指針を強化し、的確なものにしています。より詳しい情報についてはこちらより


MSCクルーズのプロトコルはCOVID-19の状況に対応するために常に改善されます。今後も最新の情報をウェブサイトにてお知らせします。




MSCグランディオーサの偉大なるリスタート

ゲストの声

MSCグランディオーサの船上と陸上での体験を満喫した最初のゲストの声をご紹介します。一日も早く、皆様とまた船上でお会いできるのを心待ちにしております。
ゲストの声

乗船前

乗船前

アイテナリー(航路)について
MSCクルーズでは常にすべての地域と寄港する港の衛生状況をモニタリングし、必要があれば航路を変える準備を整えています。現地の管轄当局と関連する保険局が安全であり完全に機能することを認めた港にしか寄港しません。また同時に現地の港と保健当局の規則に常に従います。


予約時から


  • 予約時の一つ一つの手順についてのガイドと明確な渡航条件を加えた新しい予約条件を更新しています。​
  • ゲストは必要な情報や重要な更新などについてを受け取るために、連絡先の提示を求められます。
  • パッケージの購入については、船内での待機列を避け、参加枠を確保し、更に船内価格よりも割引での購入が可能な事前予約を強くお勧めします。事前に予約をすることで船内に足を踏み入れた瞬間から休暇を楽しむことができます。
  • クルーズチケットと渡航書類、必須である乗船前の健康申告書を受け取るために事前のウェブチェックインが必要です。
  • 予約時に一緒に参加される友人や家族についてを申告してください(予約が別の場合)。船内での食事時の席を調整します。
  •  ​

渡航制限

現在MSCクルーズが準拠しているゲストもしくはクルーの乗船拒否の指標は以下の通りです。


  • 乗船前14日以内に摂氏37.5度以上(華氏99.5度以上)の発熱があった、または発熱に近い状態、寒気、咳、呼吸困難の症状があった場合には乗船できません。
  • 乗船14日前までにコロナウイルスに感染している、もしくは疑いのある人と濃厚接触、または介護をした場合やすでに感染の疑いがあり経過観察中のゲストまたはクルーは乗船できません。
  • 地域の状況による一時的な渡航制限などにより、渡航履歴や国籍によってビザの発行停止や上陸拒否などの可能性があります。


上記の基準については管轄する国立・国際機関と常に連絡を取り、必要な更新や改善を取り入れます。

乗船時

乗船時

ヘルス・スクリーニング

船上でCOVID-19を含むいかなる病が蔓延するのを予防するため、すべてのゲストに乗船前のスクリーニングを行います。

  • 健康申告書(クルーズチケットと同梱)
  • 非接触での温度検査
  • COVID-19の兆候や症状

スクリーニングの結果に寄り、ゲストは再度のスクリーニング(更に詳細な健康に関する質問、2回目の温度検査、メディカルチェック、必要な場合には医療検査)が必要な場合があり、乗船が拒否される可能性もあります。 


ターミナルにおいて

  • 乗船のプロセスを再構築し、ゲストのクルーズチケットにそれぞれの乗船時間を記載。ターミナルでの接触を避け、ソーシャルディスタンスを保ちます。
  • ターミナルとタラップは船内の同様の基準で細部まで清掃と消毒が行われます。
  • 地域の規制に則り、ゲストはターミナルと乗船時にはフェイスマスクの着用が求められます。
  • お荷物は消毒されます。
  • 乗船客と下船客の通路は別々となり、交差することはありません。
船内

船内

強化された清掃と消毒
清掃及び消毒の指標を更に強化し、船内における健康と衛生に関する基準を更に高いレベルに引き上げました。

  • 清掃と消毒の頻度を上げました。新しい清掃の手順の導入と医療レベルの消毒品を使用します。
  • 主要な施設と共有エリアは頻繁に消毒が行われます。特に交通量の多いエリアは重点的に行われます。更に毎晩、静電気を使った噴霧技術での消毒が行われます。
  • キャビンは細心の注意をもって毎日清掃され、接触の多い部分は重点的に清掃を行います。更にクルーズ終了後には追加の強化された清掃が行われます。



健康を守るための一番の方法は手を綺麗に保つことです。定期的な手洗いと、アクティビティに参加する前や施設に入る前の手指消毒をお願い致します。必要な時に使えるように船内の至る処に手指消毒用アルコールを設置しています。


新鮮な空気の提供

100%新鮮な船外の空気がすべてのキャビンと共用エリアに供給されます。キャビン内や船内での再循環はありません。


メディカルケア 

MSCクルーズのすべてのクルーズ船には設備の整った医療施設と増員された医療スタッフが廃部され、更に陸上の医療チームが24時間サポートします。

  • 船には設備の整ったメディカルセンターがあり、covid-19検査キットと人工呼吸器が準備されています。
  • クルーズ中は常に非接触の温度検査をゲストとクルーに行い、風邪のような症状が出た場合にはすぐにメディカルセンターに連絡し、無料での治療が行われます。
  • 医療スタッフはCOVID-19への対応するトレーニングを受けており、地域の当局と協力した対応プランを実行することができます。
  • 包括的な医療プロトコルを作成し、疑いのある事例への対応や専用の空気循環を持った専用の隔離エリアを用意しています。


ソーシャルディスタンス 

アクティビティや船内サービスを調整し、施設の収容人数を減らすことでゲストとクルーがソーシャルディスタンスを保つことを可能にしました。エレベーター、劇場など、また船内での移動中に共用エリアでソーシャルディスタンスを保つことが難しい場合にはフェイスマスクの着用が必須となります。レストランやバー、ラウンジ、サンデッキにて着席中はマスクの着用は必要ありません。


クルーの予防措置と予防基準

ゲストとクルーの健康を守るため、MSCクルーズではすべてのクルーが厳格な衛生・安全管理に従い、そのためのトレーニングを受けています。

  • クルーは詳細なスクリーニングとCOVID-19検査を含めたメディカルチェックを乗船前に受けます。更に毎日の健康診断と体温検査が行われます。
  • クルーは正しい手洗いの指針に従い、フェイスマスクやグローブなど保護器具を着用します。
 
船内体験
ゲストの健康と安全を守りながらも、船上でしか味わえない貴重な体験をお楽しみ頂けます。
受賞歴のあるショーや国際的な食事、寄港地観光、家族でのアクティビティ、ブティックショッピング、ビューティー・フィットネスサービス、参加型のイベントなど、今まで通りにお楽しみ頂けます。船内でのサービスは地域の行政当局からの規制やCOVID-19の状況により変更となる場合があります。
 
レストラン、バー
ソーシャルディスタンスを可能にした座席の配列とサービスを導入します。すべての食事と飲み物はテーブルに配膳され、セルフサービスのビュッフェは一時的に閉鎖となります。レストランやバーのメニューはお持ちの携帯機器でQRコードを読み取ることにより、非接触で見ることができます。レストラン、バー、ラウンジでの着席中はフェイスマスクの着用は必須ではありませんが、施設へ入場時には着用が必要です。
 
寄港地観光
クルーズ中に下船して寄港地の観光を希望するゲストはMSCの寄港地観光を強く推奨します。MSCクルーズの寄港地観光は健康と衛生に関する高い基準での配慮が細部に至るまで行われ、陸上でも安心してお過ごし頂けます。
 
エンターテイメントとアクティビティ
船内アクティビティとエンターテイメントは少人数での参加が可能なように新しく作り替えられました。ショー、エンターテイメント、キッズクラブなど幅の広いアクティビティは予約をすることで追加費用なく参加できます。ソーシャルディスタンスを保つために劇場の収容定員は削減されますが、上演時間を延長することで今までのように素晴らしい受賞歴のあるショーをお楽しみ頂けます。
 
屋外エリアとプール
すべてのオープンデッキは滞在可能で、プールやジャグジー、アクアパークもソーシャルディスタンスを保った定員での利用が可能です。サンベットは小さなグループに隔離され、毎度ごとに消毒され、毎晩更に重点的な消毒が行われます。
 
ゲストサービス

待機の列を避けながらも必要な情報を手に入れるために電話で利用が可能なインフォメーションセンターやMSCフォー・ミー*(モバイルアプリ、インタラクティブタッチスクリーン、キャビン内スマートTVなど)のようなデジタルサービスのご利用を推奨します。乗船日にはリモートデスクが用意され、対面での質問が可能です。インフォメーションデスクなどをご利用の場合には必ず先に電話でお知らせください。また船内での支払いについてはキャッシュレス決済を強く推奨します。


*MSCフォー・ミーはMSCメラビリア、MSCベリッシマ、MSCグランディオーサ、MSCシーサイド、MSCシービュー、MSCスプレンディダ、MSCマニフィカでご利用頂けます。

ご旅行のゲストの皆様にはWHOの推奨するウイルス対策をお願いしています

1_washHandsJP2_CoverwHands_JP3_AvoidTouchingJP
4_NoShareJP5_WearMask

専門家グループ

船上でのゲストの安全がMSCクルーズにとって最も優先されます。
クルーズの体験を更に安全なものにするために、医学、公衆衛生、これらに関わる科学分野における専門家のグループであるブルーリボンCOVIDエキスパートグループと協業をします。

このグループの詳細についてはこちらから

よくある質問

質問

    • 高リスク国について

      乗船前の健康及びCOVID-19に関するスクリーニングがすべてのゲスト、クルー、訪問者へ行われます。スクリーニングには体温検査、健康申告書、COVID-19検査が含まれます。 欧州疫病予防管理センターによって”高リスク国*”と指定された国からのゲストはRT-PCR検査を出発時間72時間前以内に受ける必要があります。検査の結果はターミナルでの乗船時に提示が必要です。下記に列記した国のリストは常に更新されます。ゲストの皆様は定期的な確認をお願い致します。6歳以下のお子様は検査の必要がありません。

      *船の出発14日前以内に高リスク国を訪れた、滞在した、経由したゲストも対象となります。ゲストの国籍、移住国が高リスク国の場合にも適用されます。

      高リスク国(2020年8月6日現在):ベルギー、チェコ、フランス、アイスランド、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス

    • 新しいプロトコルにおいて病歴、健康状態、年齢、国籍などで制限はありますか?

      旅行をするにあたり、すべてのゲストは健康で健全な体調でなければなりません。健康と安全が最優先となります。高リスクとみなされるグループに入るゲストにつきましては旅行前に医療機関での確認を推奨します。WHO、EUヘルシーゲートウェイや他の関係当局によると年配の方や肺や心臓に疾患のある方、糖尿病、免疫力に影響のある健康状態の人がより重症となる傾向があるとしています。年配のゲストや上記のような健康状態に懸念のあるゲストはかかりつけの医者や医療機関から現在の状況を踏まえ、旅行ができるかどうか、問題がないかの確認を推奨します。EUヘルシーゲートウェイによると65歳以上の方は高リスクグループとみなされます。

    • 国籍や居住国によって乗船拒否となるような渡航制限などはありますか?

      MSCグランディーサとMSCマニフィカのクルーズ(2020年夏より)では当初、シェンゲン圏26カ国(オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス)の住民のみ乗船を許可します。欧州疾病予防管理センターにより高リスク国と指定された国から乗船予定のゲストはRT-PCR検査を出港前72時間以内に受ける必要があります。

      検査の結果は乗船時にターミナルでの提示が必須となります。世界における状況をつねに把握し、渡航条件などに変更があった場合にはMSCクルーズでの予約条件を更新し、すでに予約をしたゲストに速やかにお知らせします。COVID-19の状況によっては特定の国籍や地域などに渡航規制が適用される場合がございます。状況が変わった場合には関係するゲストに速やかにお知らせ致します。

    • 今後のクルーズは家族もしくは同一世帯でのみ可能となりますか?友達同士でのグループでも乗船は可能でしょうか?

      陸上での制限と同じく、友達同士のグループでも家族と同様のグループとして乗船が可能です。予約時に一緒に旅行をする家族や友達を登録することで、予約が一緒ではなくても、船上でのダイニングシートの手配などが可能になります。

    • 乗船時に新型コロナウイルス陰性証明書は必要ですか?

      ゲストは乗船前に健康申告書の記入が必須となり、いかなる症状や病気についての申告が必須となります。同様に、乗船前14日以内にCOVID-19への感染もしくはその疑いのある人との接触があった場合には申告が必要です。ゲストはターミナルで非接触の体温検査を受けます。スクリーニングの結果によってはゲストは医療従事者による二次検査を受け、乗船が拒否される場合があります。MSCグランディオーサ、MSCマニフィカのクルーズ(2020年夏より)ではすべてのゲストがCOVID-19のスクリーニング(免疫蛍光法検査)が乗船前のターミナルで行われ、ゲストが健康で問題がなく乗船できることを確認します。欧州疫病予防センター(ECDC)により高リスク国と指定された国から渡航するゲストはRT-PCR検査*を出港時間72時間前以内に受ける必要があります。検査結果は乗船前にターミナルでの提示が必要です。ECDCによる高リスク国のリストはMSCクルーズのウェブサイトでご確認頂けます。変更や更新のある場合、すでにご予約済みのゲストには速やかにお知らせ致します。*6歳以下のお子様は検査の必要はありません。

    • もし健康上の理由から乗船を拒否されたらどうなりますか?

      ゲストに-37.5°C / 99.5°F以上の熱等病気の症状がある場合や、健康調査票での懸念がある場合は、面談、体温検査、健康診断を含む二次検査を行います。必要な場合は臨床検査も行います。
      これにより乗船が不可と判断された場合、ゲストはご自宅へお帰り頂くか、最善の治療とサポートを受けるために地域の医療施設で治療を受けます。

    • 送迎とシャトルサービスではどのような安全対策を行っていますか?

      送迎サービスでは下記健康安全対策と衛生対策の強化を実施しています
      -新しいゲストを迎える前に全ての車両の清掃と消毒を毎回実施
      -手指用消毒液ステーションとフットウェア用消毒マットの設置
      -全てのドライバーへ適切な感染予防用個人防護具の着用(PPE)
      -送迎シャトル内、乗車ゲストの数を減らし社会的距離を確保するために選択された座席への着席をお願い

    • ゲストキャビンの掃除と消毒はどのように行っていますか?

      強化された洗浄および衛生対策に従って、全てのゲストキャビンでは、ドアハンドル、電源スイッチ、コントロールパネル、リモコン、デスク、バスルーム表面など、頻繁に触れる40箇所に特別な注意を払い、毎日徹底的に洗浄を実施します。
      全てのキャビンは各クルーズの終わりに徹底的な清掃が行われ、次のゲストが利用する前に完了します。

    • どのくらいの頻度で公共エリアの消毒は行われますか?

      全ての公共エリアと公衆トイレは毎晩注意深く洗浄、消毒されます。また、終日定期的に消毒を行います。例として、公衆トイレは20分ごとに清掃され、すべての清掃スタッフは適切なPPE(感染予防用個人防護具)を着用します。

    • クルーズの最終日、下船するためにどのような特別措置をとっていますか?

      全てのお客様が安全かつ効率的に下船できるように、段階的な下船指示情報の提供と、お客様それぞれに下船時間を割り当て、帰宅時に無料のフェイスマスクを配布しています。 全ての荷物は出発前に消毒され、適切な保護具(PPE)を着用したスタッフが通路での混雑を回避するようお客様にご案内致します。
      次のクルーズへの乗船は、全てのゲストが下船を終えてから開始されることでゲストの交差を割けます。

    • 船内でCOVID-19感染の疑いのある場合はどうなりますか?

      今回強化実施されている健康と安全の予防手順は、船内でのCOVID-19感染のリスクを軽減するように設計されています。誰かが病気になった場合に備えて、COVID-19治療について十分な訓練を受け、資格のある医療スタッフを備えた24時間年中無休体制のメディカルセンターを完備しています。同じく船内メディカルセンターは24時間年中無休体制の陸上医療チームによってサポートもされております。
      乗船中インフルエンザに似た症状をお持ちの場合は、すぐにメディカルセンターにご連絡下さい。無料の治療が提供されます。船内の医療チームがCOVID-19の疑いのあるケースを決定した場合、保健当局との緊密な協力のもと、包括的な隔離手順と対応計画を実施します。

    • 船内に陰性者が乗船している場合、港湾とは医療支援が受けられるよう合意していますか?

      はい。強化された安全衛生プロトコールの一部に、船が寄港する港のすべての関連当局との緊急時対応計画を実施しています。

    • 船内で認証されたCOVID-19検査は出来ますか?

      船内にはPCR検査と血清学的検査が受けられる器械を搭載しています。

    • 船内でソーシャルディスタンスは適応されていますか?

      船内や港でのアクティビティ-を再考し、会場の収容人数を減らし、ゲストがソーシャルディスタンスを取り易い環境に改良致しました。
      ソーシャルディスタンスの規定につきましては、予約時及び、クルーズ中に看板、船内放送、キャビン内のテレビやスタッフの周知により案内されます。

    • フェイスマスクの着用は必須ですか?

      エレベーター内や劇場などの共用施設や、船内での移動中に公共の場所でソーシャルディスタンスが取りづらい場所はマスクの着用をお願い致します。レストラン、バー、ラウンジ、サンデッキでの着生中にはフェイスマスクの着用は必要ありません。他の健康と安全の基準と同じく、これは陸上での基準と同様となります。また、フェイスマスクはキャビン内や船内でクルーズ中いつでも提供可能です。現地の規定に準拠し、港とターミナル内を行き来する際は、マスクの着用を推奨します。

    • どの様にメインダイニングは変わりましたか?

      私たちのメインレストランは、引き続きお客様に幅広い種類の料理と高品質の料理を提供致します。 安全なソーシャルディスタンスが確保できるように座席のレイアウトを変更しており、クルーズ中お客様には同じテーブルとウェイターを配置する事によって、さらに安心していただけます。
      すべての会場の清掃と消毒を強化し、すべてのサーバーに適切な保護装置を設置し、すべてのレストランの消毒ステーションの数を増やすことで、厳格な食品安全プロトコールを強化しています。レストランで着席中にはフェイスマスクの着用は必要ありませんが、施設への入場時には必須となります。

    • 有料レストランは営業しますか?

      はい、私たちの人気な有料レストランは、健康と安全対策を守りながら、人数制限を設けながら営業します。クルーズ予約時に有料レストランの事前予約をすると、テーブルを確保できるだけでなく、乗船後の船内料金に比べてお得な値段でご利用頂けます。

    • バーやラウンジに変更はありますか?

      バーやラウンジは、お客様のお気に入りのカクテルや食前酒を提供出来るよう営業します。必要なソーシャルディスタンスを保てるよう、スタッフがテーブルでドリンクを提供し、各会場の人数制限を設けております。バーやラウンジで着席中にフェイスマスクの着用は必要ありませんが、施設への入場時は着用が必須です。

    • ゲストは引き続きシアターショーやその他のアクティビティを楽しむことができますか?

      引き続き船内エンターテイメントをお楽しみいただけますが、いくつかの変更点があります。
      - シアターの収容人数を減らして、ゲストの間に空席を確保します
      - エンターテイメントプログラムは、すべてのゲストにショーを楽しんで頂けるために 拡張されます
      - ショーやアクティビティは事前予約が必要となり、参加者数を管理します
      - シアターにいるときは、フェイスマスクの着用をお願いします

    • キッズクラブは営業しますか?またどのような子供向けのアクティビティが利用ですか?

      私たちのキッズクラブと家族向けのアクティビティは、楽しい経験を保証しながら、健康で安全な環境でお子様と保護者様を歓迎します。
      新しい対策では、人数制限、事前予約、体温測定、および入室時の手指消毒が含まれます。新しく、エキサイティングなアクティビティとファミリーゲームショーが追加されます。これらは前日までの事前予約でご利用頂けます。おもちゃとお水はスタッフから提供されますが、追加の安全対策として私物は持ち込みません。

    • スパとフィットネスサービスの利用は出来ますか?

      全てのMSC アウレアスパとフィットネス施設は、健康と衛生対策の強化、営業時間の延長、また地域の当局から要請のある場所でのサービスや収容人数の制限を設けることで運営されます。健康と快適さのために、スパトリートメント、フィットネスセッション、そして温泉エリア利用の予約を電話で受け付けております。
      フィットネスマシンと設備、スパエリア、トリートメントルームでは、使用する度に消毒をし、深夜には徹底的な洗浄および消毒をします。すべてのスパスタッフは、健康と衛生対策について訓練を受けており、適切な保護具を着用します。

    • カジノの利用は出来ますか?

      カジノでは、チップの頻繁な消毒、定期的なトランプの交換、ゲームテーブルの席数を減らす等、ソーシャルディスタンスや導入された新しいプロトコルの下で、今まで通りにご利用頂けます。