専門家による対策チーム

専門家のグループ

MSCクルーズの医療部門がグローバルヘルスケアを提供するAspen Medicalを含む外部の衛生専門機関、疫学・ウイルス学を専門とする国際的な大学教授や医師と協業し、強化された衛生・安全に関するプロトコルを作成しました。

医薬、公衆衛生、それに関わる科学分野における専門家の集まるブルーリボンCOVIDエキスパートグループを作り、MSCクルーズの衛生・安全対策が常に最新の状態に更新され、COVID-19に対応した的確で効果的な対策であることを確かにします。最先端の科学と衛生対策が常に適用されます。

専門家

ステファン・ハーバース教授

ステファン・ハーバース教授

ステファン・ハーバース教授(1967) ミュンヘン大学の医学部を卒業。内科と感染症についてをミュンヘンとジュネーブで学んだ後に、ハーバード大学医学部小児専門病院公衆衛生・研究施設にて疫学を研修。2007年4月にジュネーブ大学病院(HUG)にて准医師として感染予防・管理部門及び感染症部門のコンサルティングを行います。150以上の論文を発表し、国際的な企業から数々の賞を受けています。現在の研究活動は感染症と対抗生物質感染の予防です。補完的な研究分野には、新しい細菌の分子疫学、薬物疫学、抗生物質使用の改善、重症感染症の迅速診断などがあります。

クリスタキス・ハジクリストドウロウ教授

クリスタキス・ハジクリストドウロウ教授

クリスタキス・ハジクリストドウロウ教授は2013年からギリシャ テッサリア大学の健康科学部医学科衛生・疫学教授として教壇に立ち、2017年には同学部の副部長に就任しました。
2006年よりテッサリア大学健康科学部医学科衛生・疫学研究所の監督として従事し、2014年からはWHO協力センターの国際保健規則についての科学的コーディネーター/監督としても活動をしています。

2018年からはヨーロッパのジョイントアクション04-2017におけるエントリーポイント(港、空港、国境など)での予防や対策についてのコーディネーター、更に海運における健康と衛生のための欧州科学協会の会長も務めています。
2011年からは専門家としてWHOと協業し船上における公衆衛生の管理について技術的なアドバイスをしています。

2006年から2008年までは欧州委員会の保健衛生・食の安全総局の”クルーズ船とフェリーにおける伝染病の管理のためのEU船の衛生プログラムと協調行動の有用性の評価”プロジェクトのコーディネーターを担いました。
2019年からは創始者兼会長として海上輸送における健康と衛生のための欧州科学協会(EU SHIPSAN ASSOCIATION)で活動をしています。
2012年から2015年までは”ギリシャにおける西ナイルウイルスとマラリアの統合監視および管理プログラム”(NSRF 2007-2013)のコーディネーターも行いました。

イアン・ノートン医師

イアン・ノートン医師

イアン・ノートン医師はRespond Global社の創始者であり取締役社長です。救急専門医であり、感染症の専門家でもあります。また手術・国際保健・熱帯医学修士を持ちます。2014年から2020年までWHOの緊急医療チーム組成のリーダーでした。この間に様々な国で起こったエボラ出血熱、ジフテリア、はしかへの対応も陣取りました。WHO以前はオーストラリアの災害対応チームの組成に関わり、ダーウィンの国立救命救急・外傷センター(NCCTRC)の災害対策・対応ディレクターをしていました。2020年初頭にRespond Global社を設立、様々な人々がそれぞれの国で医療・衛生危機に対してを予測し、備え、対応することを可能にすることを目標としています。
イアン氏と彼のチームは現在、数々の国内及び国際的な団体のCOVID-19への対応をサポートしています。また同様に影響を受けている観光業やその他の業種がCOVIDに対応した安全な業務を再開できるようにサポートしています。

Aspen Medical
Aspen Medical

ヘルスケアにおいて世界をリードする Aspen Medicalと協業し、MSCクルーズの強化されたプロトコルと予防手順の更なる改善のサポートを受けています。2003年に創立されたAspen Medical社はオーストラリアが資本の国際的なヘルスケアプロバイダーです。2014-2015年に起きたエボラウイルスの感染拡大時にはオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、イギリスの代表としてその対策と対応を行いました。 Aspen Medical社は感染症の拡大に対応する緊急医療チームとしてWHOに認められた唯一の私設機関です。
Aspen Medical社はオーストラリア政府のCOVID-19への対応の中心を担い、 150の呼吸器クリニックを準備し、 防護服の国の在庫を調達し、オンライントレーニングのプラットフォームを開発、更に老人介護施設への対応チームの派遣や国外から帰還したオーストラリア国民に課された14日間の隔離を行うための施設の管理などを行っています。国際的にもクルーズ業界のための陸上及び海上の隔離施設の提供や、カナダとアメリカでの移動式医療施設の運営、ヘルスケアスタッフのアラブ首長国連邦への派遣などを行っています。