キューバ:ビザ及びパスポートについて

Cuba Advisory - June 2019

更新:2019年6月6日15:00(CET)
更新:2019年6月6日15:00(CET)

先日発表されたアメリカ合衆国のキューバ観光規制により、クルーズ客船及びその乗客に対して認められていた アメリカ合衆国からキューバへの観光に対する事前承諾が6月5日付で解消となった事実を受け、MSCクルーズはキューバへの寄港が含まれていた 全てのクルーズコースの変更を早急に行います。


今回のアメリカ合衆国の法令における大幅な変更により、MSCアルモニアは現在運航しているカリブ海クルーズにおいて、ハバナ(キューバ)への寄港が不可となります。 ハバナ(キューバ)の代替寄港地は、キーウエスト(フロリダ)又はコスタマヤ(メキシコ)又はジョージタウン(ケイマン諸島)又はコズメル(メキシコ)となります。 尚、キューバへの寄港が含まれないMSCアルモニアのコースについては、当初の予定通り運航致します。 


尚、次回のMSCアルモニアクルーズにご乗船予定のお客様へはコース変更について既にご連絡を差し上げており、以下のオプションをご案内させて頂いています。 


・船内でご利用頂けるオンボードクレジット(1キャビンにつき400USドル分)のご提供:クルーズ乗船中に使い残しが発生した場合、下船の際のチェックアウト時に差額分を返金致します。

・事前にお支払い頂いている(又はクルーズ代金に含まれている)ハバナの全ての寄港地観光ツアー代金について:お客様のオンボードアカウントへ自動的に返金されます。  

・客船/アイテナリー変更のご希望を承ります:キャンセル料金及び既に支払い済みの新しいご予約に伴う移動費用については免除されます。

キューバ入国時に必要な書類について:MSCオペラ

キューバ入国に必要な全ての書類
キューバ入国に必要な全ての書類

キューバ で乗/下船されるお客様 -  MSCオペラ

【キューバ入国必要書類】
 
- 有効期間が6カ月以上のパスポート
- キューバの特別ビザ(船内にて有料で発行いたします)
- 医療保険契約証明書


Tarjetaに関するご案内


キューバ入国にはキューバの特別ビザTarjeta(ツーリストカード)が必要です。ハバナ到着前に、船内の客室でお受け取り頂きます。このツーリストカード の取得費用は、お客様のクルーズ料金に追加して請求されます(すべてのお客様*は、年齢に関係なくお子様も含めツーリストカードを取得する必要があります)。14泊のクルーズでは、ツーリストカードが2部必要となります。

 
以下の国のパスポートを保有する方は、無料でビザを取得する事が出来ます
ロシア、ベラルーシ、ベトナム、モンテネグロ、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、マレーシア、モンゴル、ベナン、ナミビア、グラナダ、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、アンチグアバーブーダ、セントクリストファー・ネイビス、サンタルチア、バルバドス、ドミニカ共和国
 
キューバの空港又は港に到着した旅行客には、無料のツーリストビザ(スペイン語で"Tarjeta de Turism")が発行されます。
中国のパスポートをお持ちの方は、現時点ではビザは有料となり、ご旅行の前に準備頂く必要があります。


以下に挙げる国のパスポートをお持ちの方は、事前にキューバ大使館又は領事館より発行されたビザが必要です。
アフガニスタン、バングラデシュ、カメルーン、エリトリア、エチオピア、ガーナ、ギニア、インド、イラン、イラク、ケニヤ、ネパール、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、シエラ・レオネ、ソマリア、スリランカ、シリア、ベトナム
尚、上記の国の外交官用旅券をお持ちの方は、事前にOCCにお問い合わせください

 

 

パスポート及びTarjeta(ツーリストビザ)をお持ちの方は入国から30日間までの滞在が認められ、出入国はそれぞれ1回のみ有効です。
ビザ取得費用について、"MSCフライ&クルーズ"でご旅行されるお客様はパッケージに含まれますが、クルーズチケットのみ購入している全ての旅行客(大人、子供、幼児)の方については、個人でお支払い頂く必要があります。

 

尚、旅行パッケージの種類や年齢に関係なく、船がハバナに帰船する場合、さらに別のツーリストカードが必要になりますが、船内でこのツーリストカード15ユーロで購入することができます。

 

ツーリストカードはパスポートに張り付けるものではなく、別の1枚の紙になっており、空港の入国管理に旅行保険とともに提示しなければなりません。また空港から出発の際、出国管理に提示する必要があります。提示しない場合は、航空機の搭乗を拒絶されることがあります。    

 

すべての旅行者は、寄港地で有効で、傷病、死亡などのリスクが発生した場合に出発国に帰るための費用をすべて補てんされた医療保険を携帯しなければなりません。
国の安全保障制度や民間の保険会社が発行した医療保険を購入した旅客は、できればスペイン語、または英語で、上記の付保範囲を持つ医療保険であることを証明した適切な文書を提示しなければなりません。

 

空港出国税は、ハバナ空港を含むキューバの空港では廃止されています。この料金は航空券に含まれています。
キューバでは現金自動支払機(ATM)はほとんどありません。また、クレジットカードが使える場所も限られています。ジャマイカ、ケイマン諸島、メキシコ、ベリーズ、ホンジュラス共和国の港でトランジットする旅客は、24時間以内のトランジットで、到着した船で出国する場合、旅客の国籍にかかわらず、ビザは必要ありません。


備考: 

キューバ系または出生地がキューバのお客様は、クルーズ船に乗船可能かどうかを事前に確認する必要があります。キューバのパスポートおよび他国により発行された正式な居住許可証を保有しているキューバ人のお客様にも、同様の制約が適用される場合があります。違反した場合は、現地の出入国管理局との間で深刻な問題が発生する恐れがあります。


また、アメリカ合衆国のパスポートを保持されているお客様がキューバへ旅行される場合、乗船前にOFAC(Office of Foreign Assets Control:外国資産管理局)より発行された許可証が必要です。
 
当ページに記載されている条件の更新その他最新情報については、各大使館へのご相談及びご確認を強くお勧め致します。

【重要なお知らせ】

キューバ乗船時の預け入れ荷物について
キューバ乗船時の預け入れ荷物について

深夜に到着するフライトをご利用の場合および税関手続きの所要時間によって、預け入れ荷物のキャビン到着が遅くなる場合があります。

 

お客様に快適にクルーズをスタートして頂く為、乗船初日の夜に必要な物(寝間着、洗面用具、化粧品、常備薬、おむつ等)は手荷物に入れておく事を強くおすすめ致します。

 

※シャワー用ジェル及びシャンプーは全てのキャビンに備え付けられています。 

※お預けになる荷物には、Eチケットに含まれている荷札を必ず貼付頂く様、ご注意ください。